経験談・土地の賢い買い方 TOP > 土地売買について > 土地を購入する際の仲介手数料とは

土地を購入する際の仲介手数料とは

どのような家を建てるにしても土地の購入は必ずするので、仲介をしてくれる不動産業者が必要になります。
当然のことながら仲介手数料が発生しますが、素人には分かりにくい部分がたくさんあるのです。
よく調べておかないと払い過ぎになる可能性があるので、土地を購入する際は良心的な不動産屋と契約を結ぶ必要があります。

■仲介手数料が発生する理由
不動産業は土地の売買をしてもお金が入ってくるわけではありません。
仲介をして手数料をいただくことで成り立っています。
仲介手数料は宅地建物取引業法で上限が定められており、上限を超えなければ請求額は自由に設定できるようになっています。

■仲介手数料の計算で注意したい点
家を建てる際には、土地と建物の両方を購入することになります。
土地は非課税で建物は課税対象になっているので、仲介手数料を別々に計算しなければなりません。
しかし、ほとんどの場合は販売価格に土地と建物の価格が含まれています。
消費税も含まれているので、トータル価格で計算されると高い仲介手数料を取られるので気を付けたいところです。

■報酬額の提示
報酬額は仲介手数料のことを指します。
不動産業を営む者は、お客様の目に付く所に国土交通大臣が定めた報酬額を掲示する義務があります。
不動産屋に報酬票が見当たらない場合は違法なので、絶対に依頼してはいけません。

■仲介手数料が無料
最近では仲介手数料が無料または低額の不動産屋が増えてきました。
多くの場合は企業努力で、人件費の削減や広告費の削減で実現しているものです。
しかし、なかにはずさんな業務を行っている会社もあるので、すぐに契約をするのは避けた方がいいでしょう。

    人気サイトのリンク集

  • 地元で愛されている注文住宅の工務店を湘南周辺で探しているなら、本当の意味での自然素材にこだわり、赤ちゃんや大切なペット達にも安心できる、より快適な生活を提供してくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 経験談・土地の賢い買い方 All Rights Reserved.