土地を売却する方法とは

何らかの理由で土地を売却せざるを得なくなることもあるでしょう。
人生に何度も訪れる機会ではないので、分からないまま不動産屋の言いなりになっている方も少なくありません。
1円でも高く売るには、どのようにすればいいのでしょうか?

■売却の方法を選ぶ
土地の売却には、「仲介」と「買取」の2種類があります。
「仲介」は売主と買主の間に仲介業者(通常は不動産屋)が入り、「買取」は不動産屋に直接買い取ってもらう方法です。
「仲介」には仲介手数料が掛かりますが、希望価格で買い手がつけば高く売れます。
「買取」は仲介手数料が掛かりませんが、売却価格よりも転売価格の方が圧倒的に高くなります。

■仲介が一般的
多くの方々は余裕を持って売却を行うので、一般的には「仲介」を選ぶ方が多いです。
しかし、不動産屋はピンからキリまであります。
「仲介」をお願いする時はいくつかの不動産屋に見積もりをお願いしましょう。
他の業者よりも高めに査定をされた場合は、買主がつかなければ後から価格を下げられる可能性があると考えても問題ありません。
数社から見積もりを取って、平均値の査定額を見付けると失敗が少ないと言えます。

土地の売却は一筋縄ではいきません。
売りたくても買い手の付きにくい土地があるからです。
査定をお願いする時は物件情報や周辺地域の様子などを詳しく提供し、できるだけ売却価格に近い査定額が出るようにお願いしましょう。
なかなか売れそうにない場合は、「買取」を選ぶとスムーズに売却ができます。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 様々なデータをもとに、コンピュータ上で台風、地震、積雪などの自然災害についてシミュレーションした安全性がある注文住宅を逗子周辺で探しているなら、接合部に高い耐久性を持ち、構造的にも安心出来る技術を使用しているのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 経験談・土地の賢い買い方 All Rights Reserved.